東京都の看護師求人に強い転職サイトは、どこ? ちょっと待って!病院に電話する前に転職サイトに確認を!

東京大学医学部附属病院の転職看護師の年収と評判は?

「東京大学医学部附属病院に転職したい!東大病院なら、絶対に年収は高いでしょ?」

東京大学医学部附属病院への転職を考えている看護師は、病院のネームバリューで選んでいませんか?

イメージ先行になっていないでしょうか?

 

東京大学医学部附属病院に転職する前に看護師の年収や働きやすさの評判を確認して、現実・実態を把握しおかないと、転職後に後悔する可能性があります。

 

東京大学医学附属病院に転職した看護師の年収や働きやすさの評判を徹底的に調査しました。

 

 

東京大学医学部附属病院に転職した看護師の年収と評判のまとめ

東京大学医学部附属病院に転職した看護師の年収例

東京大学医学部附属病院に転職した看護師の年収例は20代前半で年収400~500万円、20代後半で450~600万円、30代前半で500~600万円です。

 

 

東京大学医学部附属病院に転職する看護師のメリット

  • 年収は東京都の看護師の平均よりもやや高め
  • 国立大学の附属病院で準公務員扱いになる
  • ママナースも比較的働きやすい

 

東京大学医学部附属病院に転職する看護師のデメリット

  • 有給はあまり消化できない
  • 残業が多い

 

東京大学医学部附属病院はこんな看護師におすすめ

  • 残業が多くても、残業手当をきっちりつけてくれれば我慢できる
  • 結婚・出産後も大学病院や総合病院で働き続けたい

 

 

東京大学医学部附属病院に転職した看護師の年収は?

東京大学医学部附属病院に転職した看護師の年収を年代別に調べました。

東京都の看護師の平均年収との比較もしています。

 

 

東京大学医学部附属病院に看護師が転職した時の年収

東京大学医学部附属病院に看護師が転職した時の年収例はこちらです。

 

  • 20代前半:年収400~500万円
  • 20代後半:年収450~600万円
  • 30代前半:年収500~600万円

 

こちらは、東京大学医学部附属病院で実際に働いている看護師の年収です。

 

実務経験3年の看護師が東京大学医学部附属病院に転職した時の看護師の年収例はこちらです。

 

  • 大卒:486万4137円(月収323,581円、基本給223,500円)
  • 3年課程卒:474万9460円(月収316,183円、基本給217,600円)

 

こちらには、教育研究連携手当と夜勤5回分の手当が含まれていますが、残業代は含まれていません。

また、ボーナスは満額支給されたと仮定して計算しています。

 

実務経験3年は20代半ばになりますので、上記の年代別の年収とほぼ同じ程度を稼げると思って良いでしょう。

 

 

東京大学医学部附属病院の年収は東京都の看護師の平均よりやや高い!

東京大学医学部附属病院の看護師の年収と東京都の看護師の平均年収を比べてみましょう。

 

厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査によると、東京都の看護師の平均年収は509万8400円(37.2歳)です。

東京都の看護師の平均年収と比べると、東京大学医学部附属病院の看護師の年収はやや高めであることがわかります。

 

 

東京大学医学部附属病院の看護師のボーナス

東京大学医学部附属病院の看護師のボーナスは、2019年度は4.39ヶ月分が支給されています。

4月入職者の初年度は2.85ヶ月分が支給されます。

 

実務経験3年(3年課程卒)の看護師が転職した場合のボーナスは、初年度は217,600円×2.85ヶ月分=620,160円、2年目以降は217,600円×4.39ヶ月分=955,264円以上が貰えます。

2年目以降は昇給がありますので、955,264円以上が貰えることになります。

 

 

東京大学医学部附属病院の新卒看護師の年収

東京大学医学部附属病院の新卒看護師の年収を確認しておきましょう。

 

  • 大卒:424万4781円(月収304,308円、基本給208,100円)
  • 3年課程卒:407万8656円(月収292,673円、基本給198,800円)

 

これは夜勤に5回入った場合の年収です。

残業手当は含まれていません。

また、ボーナスは初年度の2.85ヶ月分で計算しています。

 

この新卒看護師の年収は、経験が浅い看護師が東京大学医学部附属病院に転職した時の年収の参考になるでしょう。

 

 

東京大学医学部附属病院の看護師は準公務員

東京大学医学部附属病院は独立行政法人化しているものの、国立大学の附属病院です。

そのため、東京大学医学部附属病院で働く常勤の看護師は、準公務員となり、給与体系も国家公務員に準じたものになります。

 

公務員に準じていますので、昇給がしっかりとあり、長く働けば、それだけ給料が着実に上がっていくことが、東京大学医学部附属病院の特徴です。

 

3年課程卒の新卒看護師と実務経験3年の看護師の基本給を比べてみましょう。

新卒看護師:198,800円

実務経験3年:217,600円

 

3年間で18,800円昇給しています。

1年で約6,266円の昇給ですね。

年収にすると、1年で10万円程度の昇給があることになります。

 

 

東京大学医学部附属病院に転職した看護師の評判もチェックしておこう

東京大学医学部附属病院に転職した看護師の評判を確認しておきましょう。

日本最高峰の大学の附属病院で働けたとしても、そこがブラック病院だったら嫌ですよね。

 

だから、転職前に東京大学医学部附属病院の働きやすさの評判をチェックしておく必要があるのです。

 

 

東京大学医学部附属病院の基本情報

所在地 東京都文京区本郷7-3-1
病床数 1217床
看護師数 約1220名(嘱託含む)
看護体制 7:1看護体制
勤務体制 2交代制
診療科 循環器内科・呼吸器内科・消化器内科・腎臓・内分泌内科・ 糖尿病・代謝内科・血液・腫瘍内科・アレルギー・リウマチ内科・感染症内科・ 神経内科・ 老年病科・ 心療内科・ 胃・食道外科・大腸・肛門外科・肝・胆・膵外科・血管外科・乳腺・内分泌外科・人工臓器・移植外科・心臓外科・呼吸器外科・脳神経外科・麻酔科・痛みセンター・泌尿器科・男性科・ 女性外科・感覚・運動機能科・皮膚科・皮膚光線レーザー科眼科・・視覚矯正科・整形外科・脊椎外科・耳鼻咽喉科・聴覚音声外科・リハビリテーション科・形成外科・美容外科・顎口腔外科・歯科・矯正歯科・小児・周産・女性科・小児科・小児外科・女性診療科・産科・精神神経科・放射線科
開設 安政5年5月
連絡先 03-3815-5411(代表)

 

 

東京大学医学部附属病院の業務内容の評判

東京大学医学部附属病院は特定機能病院であり、小児医療センター・救命救急センターを有しています。

年に11,000件以上のオペを行っていますので、とにかく忙しく、重症患者が多いことが特徴です。

また、最新の設備を整え、最先端の医療を提供しています。

 

 

東京大学医学部附属病院の年間休日数や夏休みの評判

東京大学医学部附属病院は4週8休制です。

 

夏休みは3日間のリフレッシュ休暇に公休や有給をつけて、最長10日間の連休を取ることができます。

 

 

東京大学医学部附属病院の残業の評判

東京大学医学部付属病院では、部署によるものの、基本的には残業が多いとの評判です。

毎日2~3時間の残業は当たり前で、月40時間の残業を超えること珍しくありません。

 

数年前までは、残業を全部申告することはできませんでしたが、現在は働き方改革で、残業した分はしっかり申請できて、残業手当をつけてくれるようになっています。

 

 

東京大学医学部附属病院の有給休暇や休み希望の評判

東京大学医学部附属病院では、有給休暇はあまり消化できないと思っておいた方が良いです。

有給はほとんど捨てているという口コミもあります。

部署によりますが、1年間で5~10日程度消化できたら御の字というのが現状です。

 

休み希望は月に2~3日しか出せませんが、早めに出したら、ほとんどが希望は通るとの評判です。

希望はしていないけれど、できるだけ連休をつけてくれる病棟も多いです。

 

 

東京大学医学部附属病院の勤務時間の評判

東京大学医学部附属病院は、2交替制です。

夜勤は15時30分~9時00分と長く、さらにそこから残業しなければいけないこともありますので、夜勤の拘束時間が20時間以上になることもあります。

 

 

東京大学医学部附属病院の教育制度の評判

東京大学医学部附属病院は、教育制度が整っているとの評判です。

新人看護師にはプリセプターのほかに、エルダーをつけて、2人体制で新人を育てる体制を作っています。

 

院内研修の回数・種類も非常に多く、スキルアップしたい看護師には最適な病院と言えます。

ただ、院内研修・勉強会はほぼ強制参加にも関わらず、「自己研鑽」となりますので、勤務時間外に行われたとしても、残業手当などは出ません。

 

 

東京大学医学部附属病院のキャリアアップの評判

東京大学医学部附属病院には、認定看護師・専門看護師をアドバンストナースと呼んでいて、アドバンストナースは専門性を活かしながら働いています。

また、院外研究や学会参加等もしやすい環境なので、自分の思い描くようなキャリアアップをしていくことができるでしょう。

 

 

東京大学医学部附属病院の福利厚生の評判

国立大学の附属病院ですから、福利厚生は充実しています。

キャンパス内に独身寮があり、25,000円+共益費という格安家賃で住むことができます。

キャンパス内には、学食が複数ありますので、格安で3食済ませることも可能です。

 

 

東京大学医学部附属病院のママナースの働きやすさの評判

東京大学医学部附属病院には、院内保育園があります。

また、育児休暇は3年間取ることができますが、きっちり3年間取ってから復帰する看護師も少なくありません。

また、時短勤務は子供が小学3年生まで取ることができます。

 

ほかの大学病院・総合病院よりも、ママナースが働きやすい環境が整っていて、実際にママナースの割合は多めであるとの評判です。

 

 

東京大学医学部附属病院の施設や設備の評判

東京大学医学部附属病院は、2018年に新しい入院棟が完成し、古い病棟も改修されていますので、キレイとの評判です。

また、最新の医療機器が揃えられ、物品も十分にあり、物品の節約をうるさく言われることもありません。

 

 

東京大学医学部附属病院の職場の雰囲気の評判

東京大学医学部附属病院では、部署によって異なりますが、比較的人間関係が良い部署は多いとの評判です。

看護師同士、しっかり連携を取れていて、働きやすい部署が多いです。

しかし、医師と看護師ではあまり風通しが良くないという口コミがあります。

 

 

東京大学医学部附属病院に転職したい!最新の看護師求人情報を入手しよう!

転職サイトでは、この病院の求人を非公開求人として扱っていたり、逆指名で問い合わせてくれることがあります。

さらに、好条件で転職できるように条件交渉してくれたり、面接対策のアドバイスをしてくれるというメリットもあります。

転職サイトは完全無料で使えますし、問い合わせをしたら応募しなければいけないというわけではありませんので、安心してくださいね。

東京都の看護師 求人に強い転職サイト

看護師転職サイトを使うと?

  • 人気ランキングの病院に逆指名で問い合わせをし、アドバイスをしてくれる
  • 公開求人以外のレアな非公開の求人情報を持っているため、なかなかでない好条件の求人を紹介してくれる
  • ランキング以外にも、働きやすい病院をたくさん紹介してくれる

参考コラム<転職サイトを使うメリットと使わない時のデメリット

  • 看護roo!

    看護roo!

    東京都内の求人なら、看護roo!に探してもらうと良いでしょう。レア度の高い好条件の勤務先が見つかるかもしれません!まずはあなたのご希望をざっくりと伝えてみてください。的確な案内をしてもらえますよ!

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    都市部の求人に強いのが、マイナビ看護師。東京都内の求人にも、もちろん強いです。看護roo!だけでは拾えない情報が貰える可能性もありますので、併用にオススメです!

このページのトップへ戻る