東京都の看護師求人に強い転職サイトは、どこ? ちょっと待って!病院に電話する前に転職サイトに確認を!

日本大学医学部附属板橋病院の転職看護師の年収と評判は?

「日本大学医学部附属板橋病院に転職したいなぁ。転職後の年収はいくらか気になる!」

 

日本大学医学部附属板橋病院は東京都内でも有数の大規模病院で、看護師からの人気も高いです。

だからといって、あなたの希望にピッタリ合うとは限りません。

希望に合わない病院に転職してしまったらショックですよね。

 

だから、転職する前に、日本大学医学部附属板橋病院に転職した看護師の年収や働きやすさの評判を確認しておきましょう。

これを読めば、日本大学医学部附属板橋病院はあなたの希望に合う病院かどうかがわかります。

 

 

日本大学医学部附属板橋病院に転職した看護師の年収と評判のまとめ

日本大学医学部附属板橋病院に転職した看護師の年収例

日本大学医学部附属板橋病院に転職した看護師の年収例は20代前半で400~500万円、20代後半で450~550万円、30代前半で500~550万円です。

 

 

日本大学医学部附属板橋病院に転職する看護師のメリット

  • ボーナスが多く、年収が平均よりも高い
  • 残業が少なくなってきている

 

 

日本大学医学部附属板橋病院に転職する看護師のデメリット

  • あまり有給を消化できない
  • ママナースは働きにくいこともある

 

 

日本大学医学部附属板橋病院はこんな看護師におすすめ

  • 長く働いて年収アップを狙いたい人
  • 高度急性期病院で働いて、できるだけ残業したくない人

 

 

日本大学医学部附属板橋病院に転職した看護師の年収は?

日本大学医学部附属板橋病院に転職した看護師のモデル年収を年代別に調べました。

東京都の看護師の平均年収との比較もしています。

 

 

日本大学医学部附属板橋病院に看護師が転職した時の年収

日本大学医学部附属板橋病院に転職した看護師の年代別の年収例はこちらです。

 

  • 20代前半:年収400~500万円
  • 20代後半:年収450~550万円
  • 30代前半:年収500~550万円

 

こちらは日本大学医学部附属板橋病院で実際に働いている看護師の年収です。

各年代の年収に幅があるのは、残業時間や夜勤回数の差が反映されているからと思われます。

 

日本大学医学部附属板橋病院は経験加算がありますので、転職した看護師の年収は上記の年代別の年収が目安になります。

 

厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査によると、東京都の看護師の平均年収は509万8400円(37.2歳)です。

これと比べると、日本大学医学部附属板橋病院の看護師の年収は、東京都の平均よりも高めであると言えます。

 

 

日本大学医学部附属板橋病院のボーナス

日本大学医学部附属板橋病院のボーナスは、2018年度は6.55ヶ月分が支給されています。

  1. 55ヶ月分というのは、東京都内でもトップクラスの支給実績です。

 

日本大学医学部附属板橋病院の新卒看護師(3年課程卒)の基本給は216,100円です。

  • 216,100円×6.55ヶ月分=1,415,500円

 

転職1年目や新卒看護師はボーナスは満額支給されませんが、2年目以降ならボーナスだけで140万円以上を貰えることになります。

東京都の看護師の平均ボーナス額は794,000円です。

これと比べると、日本大学医学部附属板橋病院の看護師のボーナスは平均の2倍近い額ですので、かなり高いことがわかります。

 

しかも、日本大学医学部附属板橋病院のボーナスは開院以来下がったことがないとのことです。

 

 

日本大学医学部附属板橋病院の看護師の年収には夢がある?

日本大学医学部附属板橋病院の看護師の年収は、東京都の平均よりも高いです。

そして、ボーナスもたっぷりあります。

これだけで、日本大学医学部附属板橋病院への転職を考えている看護師には朗報ですよね。

 

ですが、朗報はこれだけではありません。

日本大学医学部附属板橋病院に転職して長く働き、役職等に就くと、将来的には年収がかなり高くなる可能性があるんです。

 

日本大学医学部附属板橋病院で働いている30代後半~40代前半の看護師の年収の一例を見てみましょう。

 

  • 30代後半:年収750万円
  • 30代後半:年収900万円
  • 40代前半:年収900万円

 

もちろん、日本大学医学部附属板橋病院の看護師全員が、この年代になったら、これだけの年収を稼げるわけではありません。

 

でも、実際にこの年収を稼いでいる看護師さんがいるなら、夢がありますよね。

 

 

日本大学医学部附属板橋病院に転職した看護師の評判もチェックしておこう

日本大学医学部附属板橋病院への転職を考えているなら、年収だけでなく、働きやすさの評判を確認しておきましょう。

働きやすいホワイトな病院なら最高ですが、ブラックな病院だったら、転職しようかどうか迷ってしまいますよね。

 

転職後に後悔しないためにも、残業や休みの取りやすさなどの働きやすさの評判をチェックしておきましょう。

 

 

日本大学医学部附属板橋病院の基本情報

所在地 東京都板橋区大谷口上町30-1
病床数 1025床
看護師数 約1040名(嘱託含む)
看護体制 7:1看護体制
勤務体制 2交代制
診療科 総合科・(内科)・呼吸器内科・血液・膠原病内科・腎臓・高血圧・内分泌内科・消化器・肝臓内科・糖尿病・代謝内科・神経内科・循環器内科・保健科・心療内科・精神神経科・小児科・新生児病科・総合科(外科)・皮膚科・消化器外科・心臓外科・血管外科・呼吸器外科・小児外科・乳腺内分泌外科・形成外科・脳神経外科・整形外科・産科・婦人科・泌尿器科・眼科・耳鼻咽喉科・歯科・口腔外科・総合周産期母子医療センターリハビリテーション科・放射線科・麻酔科・ペインクリニック科・睡眠センター・救命救急センター・臨床検査医学科・病理診断科・病理部・痛みセンター
開設 昭和10年
連絡先 03-3972-8111(代表)

 

 

日本大学医学部附属板橋病院の業務内容の評判

日本大学医学部附属板橋病院は特定機能病院であり、重症症例や珍しい疾患の患者さんが多いです。

最先端の医療を学ぶことができます。

患者さん全員がハイリスクと言える状態なので、常に緊張しながら、そして時間に追われながら働かなくてはいけません。

 

 

日本大学医学部附属板橋病院の年間休日数や夏休みの評判

日本大学医学部附属板橋病院の年間休日は、2018年度は119日でした。

月9~11日の休みがつきますので、休みに関しては看護師の満足度は高いです。

 

夏休みは7~9日間の連休を取得することができ、海外旅行に行く看護師さんも多いです。

 

 

日本大学医学部附属板橋病院の残業の評判

日本大学医学部附属板橋病院では、働き方改革が進んでいます。

前残業をなくすために、始業時間になるまではナースステーションに入ることができないようにしています。

また、勤務後の残業もゼロというわけにはいきませんが、以前と比べてかなり減っていて、定時で上がれる日もあるとの評判です。

 

残業代は15分単位でつけることができ、働き方改革が進んでからはきっちりつけてもらえます。

 

 

日本大学医学部附属板橋病院の有給休暇や休み希望の評判

日本大学医学部附属板橋病院では、有給休暇はあまり自由には使えません

2019年度の平均有給消化日数は6日のみでした。

夏休みなど長期連休を取得する時に使う人が多いです。

 

休み希望は希望を出せば、基本的に通ります。

また、休み希望を出していないのに、ほぼ毎月3連休を貰えるという部署もあります。

 

 

日本大学医学部附属板橋病院の勤務時間の評判

日本大学医学部附属板橋病院は2交替制です。

日勤は8時00分からと比較的早いですが、前残業が一切なくなりましたので、朝が得意ではない人でも、それほど苦痛ではありません。

 

 

日本大学医学部附属板橋病院の教育制度の評判

日本大学医学部附属板橋病院は大学病院ですから、教育制度は非常に充実しています。

集合教育や少人数制の研修、ポートフォリオなど手厚い研修が組まれています。

 

しかも、研修はすべて勤務時間内に行われるので、負担は少ないです。

 

 

日本大学医学部附属板橋病院のキャリアアップの評判

クリニカルラダーでラダーⅤに到達した後は、認定看護管理者・認定看護師・専門看護師・特定看護師(特定行為に関わる看護師の研修制度)等キャリアアップしていくことができます。

キャリアアップのための資格取得支援制度もあります。

 

 

日本大学医学部附属板橋病院の福利厚生の評判

私学事業団の福利厚生を利用できますので、一通りの福利厚生が揃っています。

手当やお祝い金、保険・年金などが充実しているとの評判です。

また、寮は安くて住みやすいと看護師から好評です。

 

 

日本大学医学部附属板橋病院のママナースの働きやすさの評判

日本大学医学部附属板橋病院では短時間勤務制度が使いやすいですし、保育所もありますので、ママナースが働きやすい環境が整えられています。

育休明けで夜勤ができない人は外来・できる人は病棟に配属されることが多いです。

 

ただ、基本的に忙しい病院ですので、子供の発熱による突然の早退・欠勤にはなかなか理解を得られず、肩身の狭い思いをすることもあります。

 

 

日本大学医学部附属板橋病院の施設や設備の評判

日本大学医学部附属病院は昭和45年に建てられた建物なので、かなり老朽化が進んでいます

夜勤の仮眠室がないのも、看護師には不評です。

 

ただ、物品に関しては、十分に用意されていて、コスト面を気にすることなく必要な分は使うことができます。

 

 

日本大学医学部附属板橋病院の職場の雰囲気の評判

日本大学医学部附属病院ではあまりにも忙しいためか、先輩看護師も余裕がなく、常にピリピリしていて、陰湿な陰口や過剰な厳しい指導があるという口コミがあります。

部署によっても異なりますが、基本的には体育会系で、先輩には逆らえない雰囲気もあります。

また、看護師の多くは系列の看護専門学校出身者なので、外部からの看護師は肩身の狭い思いをすることもあります。

 

 

日本大学医学部附属板橋病院に転職したい!最新の看護師求人情報を入手しよう!

転職サイトでは、この病院の求人を非公開求人として扱っていたり、逆指名で問い合わせてくれることがあります。

さらに、好条件で転職できるように条件交渉してくれたり、面接対策のアドバイスをしてくれるというメリットもあります。

転職サイトは完全無料で使えますし、問い合わせをしたら応募しなければいけないというわけではありませんので、安心してくださいね。

東京都の看護師 求人に強い転職サイト

看護師転職サイトを使うと?

  • 人気ランキングの病院に逆指名で問い合わせをし、アドバイスをしてくれる
  • 公開求人以外のレアな非公開の求人情報を持っているため、なかなかでない好条件の求人を紹介してくれる
  • ランキング以外にも、働きやすい病院をたくさん紹介してくれる

参考コラム<転職サイトを使うメリットと使わない時のデメリット

  • 看護roo!

    看護roo!

    東京都内の求人なら、看護roo!に探してもらうと良いでしょう。レア度の高い好条件の勤務先が見つかるかもしれません!まずはあなたのご希望をざっくりと伝えてみてください。的確な案内をしてもらえますよ!

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    都市部の求人に強いのが、マイナビ看護師。東京都内の求人にも、もちろん強いです。看護roo!だけでは拾えない情報が貰える可能性もありますので、併用にオススメです!

このページのトップへ戻る