東京都の看護師求人に強い転職サイトは、どこ? ちょっと待って!病院に電話する前に転職サイトに確認を!

国立がん研究センター中央病院の転職看護師の年収と評判は?

「国立がん研究センター中央病院の看護師の年収って高いのかな?働きやすさの評判はどうだろう?」

がん看護に興味を持っている看護師にとって、国立がん研究センター中央病院は魅力的な病院に映ると思います。

でも、「国立がん研究センター中央病院は日本のトップクラスのがん専門病院だから、絶対に良い病院のはず!」と思いこむのは危険です。

もしかしたら、あなたが望む待遇ではないかもしれませんし、働きにくい病院かもしれません。

 

だから、転職する前に年収や働きやすさの評判を調べておく必要があるんです。

 

国立がん研究センター中央病院の看護師の年収と働きやすさの評判を徹底的に調べました。

 

 

国立がん研究センター中央病院に転職した看護師の年収と評判のまとめ

国立がん研究センター中央病院に転職した看護師の年収例

国立がん研究中央病院に転職した看護師の年収例は、20代前半で年収450万円、20代後半で年収500~550万円、30代前半で年収520~600万円です。

 

 

国立がん研究センター中央病院に転職する看護師のメリット

  • 東京都の看護師の平均年収より高く、長く勤めればしっかり昇給していく
  • 年間休日が多い
  • がん看護を専門に学びスキルアップできる

 

国立がん研究センター中央病院に転職する看護師のデメリット

  • 残業が多いし、サービス残業になることもある
  • 病棟ではママナースは働きにくい

 

 

国立がん研究センター中央病院はこんな看護師におすすめ

  • がん看護を極めたいけれど、年収もそこそこ欲しい!
  • 休みがしっかり確保できれば、残業が多くても我慢できる!

 

 

国立がん研究センター中央病院に転職した看護師の年収は?

国立がん研究センター中央病院に転職した看護師の年収を年代別に調査しました。

東京都の看護師の平均年収とも比較しています。

 

 

国立がん研究センター中央病院に看護師が転職した時の年収

国立がん研究センター中央病院に看護師が転職した時の年収例はこちらです。

 

  • 20代前半:年収450万円
  • 20代後半:年収500~550万円
  • 30代前半:年収520~600万円

 

上記年収は、国立がん研究センター中央病院で実際に働いている看護師の年収です。

年収に幅があるのは、夜勤回数や残業手当、役職の違いがあるからと思われます。

 

国立がん研究センター中央病院は、中途採用者には学歴、職歴によって加算があります。

そのため、ブランクなく新卒から急性期病院で働いてきた看護師さんは、上記の年収を稼げるでしょう。

 

では、次に東京都の看護師の平均年収と比較してみましょう。

厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査によると、東京都の看護師の平均年収は509万8400円(37.2歳)です。

 

これを見ると、国立がん研究センター中央病院の看護師は、東京都の看護師の平均年収と比べて、やや高めであると言えるでしょう。

 

 

国立がん研究センター中央病院の看護師のボーナス

国立がん研究センター中央病院の看護師のボーナスの支給実績は公表されていません。

ただ、国立がん研究センター中央病院で働く看護師に口コミによると、国家公務員に準ずる4.2ヶ月分程度が支給されるとのことです。

 

国立がん研究センターは基本給が高いので、4.2ヶ月分が支給されるということは、ボーナスだけで100万円前後は出ます。

 

東京都の看護師の平均ボーナスは794,000ですから、国立がん研究センター中央病院の看護師のボーナスは高めであることがわかります。

 

 

国立がん研究センター中央病院の新卒看護師の年収

国立がん研究センター中央病院の新卒看護師の年収を確認しておきましょう。

 

  • 大卒:464万5464円(月収約299,720円、基本給249,720円)
  • 3年課程卒:446万4,672円(月収約288,560円、基本給238,560円)

 

こちらには夜勤手当は含まれていますが、残業手当ては含まれていません。

また、新卒看護師はボーナスは満額支給されませんが、ほかの年代の看護師の年収と比較しやすくするために、4.2ヶ月分満額支給されたと仮定して計算しました。

 

第二新卒や経験が浅い看護師さん、またブランクが長い看護師が国立がん研究センターに転職する時の参考になると思います。

 

 

国立がん研究センター中央病院はしっかり昇給していく

国立がん研究センター中央病院は、現在は独立行政法人化していますが、国家公務員に準じた給料が支給されます。

 

国家公務員に準じた給料ですので、民間病院と比べると昇給額が大きく、長く働けば、それだけしっかり昇給していきます

 

 

国立がん研究センター中央病院に転職した看護師の評判もチェックしておこう

国立がん研究センター中央病院に転職するなら、転職後の年収だけでなく、働きやすい病院かどうかもチェックしておきましょう。

どんなに年収が高くても、ブラックな病院だったら、

「こんな病院で働きたくない!違う病院に転職しよう」

と思いますよね。

 

だから、転職する前には年収と一緒に働きやすさの評判も確認しておく必要があるのです。

 

 

国立がん研究センター中央病院の基本情報

所在地 東京都中央区築地5-1-1
病床数 600床
看護師数 約530名(嘱託含む)
看護体制 7:1看護体制
勤務体制 2交代制または3交代制
診療科 脳脊髄腫瘍科・眼腫瘍科・頭頸部腫瘍科・形成外科・乳腺外科・乳腺・腫瘍内科・呼吸器外科・呼吸器内科・食道外科・ 胃外科・大腸外科・消化管内科・内視鏡科・消化管内視鏡 呼吸器内視鏡肝胆膵外科・肝胆膵内科・泌尿器・後腹膜腫瘍科・婦人腫瘍科・骨軟部腫瘍・リハビリテーション科・皮膚腫瘍科・血液腫瘍科・造血幹細胞移植科・小児腫瘍科・小児腫瘍外科・総合内科・歯科・がん救急科・総合内科・歯科・がん救急科・麻酔・集中治療科・緩和医療科・精神腫瘍科・放射線診断科・放射線治療科・病理科・臨床検査科・病理科・ 臨床検査科・先端医療科
開設 昭和37年2月
連絡先 03-3542-2511(代表)

 

 

国立がん研究センター中央病院の業務内容の評判

国立がん研究センター中央病院は、日本を代表するがん専門病院です。

そのため、がん看護を専門的に学び、深めていくことができます。

 

一般的ながんだけでなく、難治性がん・希少がんを経験でき、最先端のがん治療を学ぶことができます。

 

また、術前術後管理はもちろん、化学療法看護、放射線療法看護、緩和ケアなど幅広い看護スキルを身につけることができます。

 

 

国立がん研究センター中央病院の年間休日数や夏休みの評判

国立がん研究センターでは、4週8休+祝日分、年末年始休暇、夏季休暇がありますので、年間休日数は125日以上はあります。

 

夏休みは7~10連休程度取れるので、海外旅行に行く看護師さんも多いです。

 

 

国立がん研究センター中央病院の残業の評判

国立がん研究センター中央病院は、残業は多いとの評判です。

前残業は当たり前ですし、定時に仕事が終わることは滅多になく、月の残業時間は40時間以上になることも少なくありません。

 

しかも、病棟によっては残業を申請しにくい雰囲気で、3時間残業しても申請できるのは30分だけで、ほとんどがサービス残業になるという口コミもあります。

 

また、係や委員会の仕事が多いために、中堅看護師になると、夜勤の数時間前から病院に行かなくてはいけないということもあります。

 

 

国立がん研究センター中央病院の有給休暇や休み希望の評判

年間休日数はしっかり確保されていますが、有給消化は難しいのが国立がん研究センターの現状です。

病院として年8日の有給消化を目標としていますが、自分の好きな所には使うことができず、勝手に師長にシフトの中に有給をつけられることはあるという口コミがあります。

 

休み希望の取りやすさは部署によって違いますが、「若手は休み希望を出しにくい」、「師長や先輩の顔色を伺いながら出さなければいけない」ということもあるようです。

 

 

国立がん研究センター中央病院の勤務時間の評判

国立がん研究センター中央病院は2交替制です。

 

  • 日勤:8時30分~17時15分(休憩60分・休息15分)
  • 夜勤:16時00分~9時30分(休憩120分・休息30分)

 

この休息というのがユニークですね。

 

 

国立がん研究センター中央病院の教育制度の評判

国立がん研究センター中央病院では、クリニカルラダーの中にベーシック研修とがん看護基礎コースの2つがあり、どちらも並行しながら学んでいくことができます。

手厚い教育体制で、がん看護を学びたい看護師にとっては最適の病院との評判です。

 

 

国立がん研究センター中央病院のキャリアアップの評判

国立がん研究センター中央病院では、認定看護師や専門看護師の資格を取得するための支援制度があります。

 

認定看護師や専門看護師の資格取得支援制度を利用するためには、一定レベル以上のラダーレベルを持ち、さらに幹部看護師候補者選考に合格しているなどの条件を満たす必要があります。

 

 

国立がん研究センター中央病院の福利厚生の評判

独立行政法人なので、福利厚生は一通りそろっています。

独身寮の評判が良いですね。

築地で銀座や有楽町まで徒歩圏内という都心にありながらも、病院の敷地内のマンションには月額15,000円で住むことができます。

ただ、新人看護師の入寮希望者が多いと、長年住んでいる先輩看護師は自動的に退寮となりますので、ずっと住めるわけではありません。

 

 

国立がん研究センター中央病院のママナースの働きやすさの評判

外来勤務ならば、ママナースでも働きやすいとの評判です。

でも、問題は病棟勤務です。

病棟勤務の場合、残業が多く、時短勤務でも定時で帰ることはできません。

また、独身の看護師が多いため、育児との両立に理解を得ることができず、子供の病気による急な休みにも対応してもらえないこともあります。

 

そのため、病棟勤務では出産後は国立がん研究センター中央病院で働き続けるのは難しいでしょう。

 

 

国立がん研究センター中央病院の施設や設備の評判

国立がん研究センター中央病院は建物自体はやや古いですが、きちんとメンテナンス・清掃されているので、看護師が仕事をする上で、不便や不快感を感じることはありません。

ただ、看護師が使用するモニターや血圧計、パルスオキシメーターの数が不足気味で、緊急入院が重なると、足りなくなってしまうことがあります。

コストの意識はみんな持っていて、無駄遣いはできませんが、必要な分は使うことができます。

 

 

国立がん研究センター中央病院の職場の雰囲気の評判

人間関係は部署によってかなり差があります。

人間関係が良く、みんなで協力し合いながら働いている部署もありますが、「上からの圧が強い」、「縦社会」などの昭和時代の公務員体質が残っている部署もあるとの口コミがあります。

 

また、どこの部署も中堅看護師が少なく、若手看護師とお局看護師が多いため、中堅看護師の負担は大きいとの評判です。

 

 

国立がん研究センター中央病院に転職したい!最新の看護師求人情報を入手しよう!

転職サイトでは、この病院の求人を非公開求人として扱っていたり、逆指名で問い合わせてくれることがあります。

さらに、好条件で転職できるように条件交渉してくれたり、面接対策のアドバイスをしてくれるというメリットもあります。

転職サイトは完全無料で使えますし、問い合わせをしたら応募しなければいけないというわけではありませんので、安心してくださいね。

東京都の看護師 求人に強い転職サイト

看護師転職サイトを使うと?

  • 人気ランキングの病院に逆指名で問い合わせをし、アドバイスをしてくれる
  • 公開求人以外のレアな非公開の求人情報を持っているため、なかなかでない好条件の求人を紹介してくれる
  • ランキング以外にも、働きやすい病院をたくさん紹介してくれる

参考コラム<転職サイトを使うメリットと使わない時のデメリット

  • 看護roo!

    看護roo!

    東京都内の求人なら、看護roo!に探してもらうと良いでしょう。レア度の高い好条件の勤務先が見つかるかもしれません!まずはあなたのご希望をざっくりと伝えてみてください。的確な案内をしてもらえますよ!

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    都市部の求人に強いのが、マイナビ看護師。東京都内の求人にも、もちろん強いです。看護roo!だけでは拾えない情報が貰える可能性もありますので、併用にオススメです!

このページの先頭へ