東京都の看護師求人に強い転職サイトは、どこ? ちょっと待って!病院に電話する前に転職サイトに確認を!

国立成育医療研究センターの転職看護師の年収と評判は?

「国立成育医療研究センターに転職した看護師の年収ってどうなんだろう?働きやすいかどうかの評判も気になる!」

小児看護をやりたい看護師さんにとっては、国立成育医療研究センターは人気の病院です。

そのため、小児看護をやるなら国立成育医療研究センターに転職しておけば間違いないと思い込んでいませんか?

 

その思い込みは今すぐ捨ててください。

国立成育医療研究センターは人気病院ですが、あなたにとって良い病院とは限りません。

 

だから、一度思い込みを捨ててフラットな状態で、国立成育医療研究センターに転職した看護師の年収や働きやすさの評判を確認していきましょう。

そうすれば、あなたは国立成育医療研究センターに転職すべきかどうかがわかりますよ。

 

 

国立成育医療研究センターに転職した看護師の年収と評判のまとめ

国立成育医療研究センターに転職した看護師の年収例

国立成育医療研究センターに転職した看護師の年収例は、20代前半で450万円、20代後半で450~500万円、30代前半で500万円です。

 

 

国立成育医療研究センターに転職する看護師のメリット

  • 小児看護を専門にできる
  • 長く勤めると昇給で年収は高くなる
  • 長期連休を取りやすい

 

 

国立成育医療研究センターに転職する看護師のデメリット

  • 残業は多い
  • 有給は使えないことが多い
  • ママナースは働きにくい

 

 

国立成育医療研究センターはこんな看護師におすすめ

  • 小児看護でスキルアップ・キャリアアップしていきたい人
  • 公務員待遇で長く働きたい人
  • 長期連休を取れれば、普段は忙しくて残業は多いのは我慢できる人

 

 

国立成育医療研究センターに転職した看護師の年収は?

国立成育医療研究センターに転職した看護師の年収を年代別に調べてみました。

東京都の看護師の平均年収とも比較しています。

 

 

国立成育医療研究センターに看護師が転職した時の年収

国立成育医療研究センターに看護師が転職した時の年収例は以下のものになります。

 

  • 20代前半:450万円
  • 20代後半:450~500万円
  • 30代前半:500万円

 

こちらは、実際に国立成育医療研究センターで働いている看護師の年収ですので、経験年数などによって、転職時の年収は多少変わる可能性があります。

経験加算については、前職が国立成育医療研究センターと同じように国家公務員の給料に準じた病院だったら有利になります。

 

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、東京都の看護師の平均年収は509万8400円(37.2歳)です。

東京都の看護師の平均年収と比べてみると、国立成育医療研究センターの看護師の年収はほぼ平均的と言えるでしょう。

 

 

国立成育医療研究センターの看護師の年収は着実に上がっていく

国立成育医療研究センターの看護師の年収は平均的です。

ただ、国立成育医療研究センターは、国立研究開発法人が運営している病院です。

そのため、国立成育医療研究センターの看護師の年収は国家公務員の年収に準じたものです。

つまり、毎年確実に昇給があり、昇給額も民間病院に比べると大きい

長く勤めれば、それだけ年収は上がっていくということです。

 

だから、国立成育医療研究センターに転職した時は平均程度の年収でも、長く働き続け、40代~50代になった時には、ほかの病院の看護師よりも年収は高くなっているはずです。

 

 

国立成育医療研究センターの忙しい部署では年収が高い

国立成育医療センターの看護師の年収は、東京都の看護師の平均年収と同じくらいです。

でも、国立成育医療センターの看護師の中には以下のような年収を稼いでいる人もいます。

 

  • 20代後半:590万円
  • 20代後半:550万円

 

この人たちは、役職手当がついている可能性は否定できませんが、それ以上に残業手当がついているために、これだけ高年収になっているのです。

忙しい部署に配属になると、国立成育医療研究センターの看護師も20代後半で年収550万円以上を稼ぐことができるということになります。

 

 

国立成育医療研究センターに転職した看護師の評判もチェックしておこう

国立成育医療研究センターに転職した看護師の働きやすさの評判もチェックしておきましょう。

転職する時には年収は大切ですが、働きやすいかどうかも重要なポイントですよね。

だから、国立成育医療研究センターは働きやすいかどうかの評判をチェックしておく必要があるのです。

 

 

国立成育医療研究センターの基本情報

所在地 東京都世田谷区大蔵2-10-1
病床数 490床
看護師数 約470名(嘱託含む)
看護体制 7:1看護体制
勤務体制 3交替制
診療科 内科・精神科・神経科・呼吸器科・消化器科・循環器科・アレルギー科・リウマチ科・小児科・外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・心臓血管外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・リハビリテーション科・放射線科・歯科・心療内科・小児外科・矯正歯科・小児歯科・病理診断科・麻酔科
開設 平成14年3月
連絡先 03-3416-0181(代表)

 

 

国立成育医療研究センターの業務内容の評判

国立成育医療研究センターの業務内容の最大の特徴と言えば、小児看護を専門にできることです。

小児内科・小児外科のあらゆる分野をカバーしているだけでなく、小児救急も受け入れています。

日本トップクラスの小児医療の実績がある病院ですので、小児看護を専門にするにはピッタリの病院です。

ただ、小児科だけでなく、胎児診療科・不妊科・産科・母性内科があり、胎児期から小児及び次世代を育成する成人期まで、幅広い医療・看護を提供しています。

 

 

国立成育医療研究センターの年間休日数や夏休みの評判

国立成育医療研究センターの4週8休+指定休日で、休日はしっかり確保できます。

夏休みは公休や有休をくっつけて、9連休が取れます。

海外旅行に行く看護師さんも多いんです。

9連休の夏休み以外に、5連休のリフレッシュ休暇を取ることができます。

 

 

国立成育医療研究センターの残業の評判

国立成育医療研究センターは、部署にもよりますが、基本的に残業は多いと考えておいたほうが良いです。

  • 1日2時間あるのは普通
  • 前残業も含めたら、4時間くらい残業がある

このような口コミがあります。

 

残業は基本的にはしっかりつけてくれることが多いですが、あまりに残業が多いと、師長から「なんでこんなに残業しているの?残業を減らしなさい」と言われることもあるようです。

もちろん、残業を減らすように言われても、業務調整をしてくれるわけではありませんので、理不尽な指導と言わざるを得ません。

 

 

国立成育医療研究センターの有給休暇や休み希望の評判

有給休暇はなかなか取得することができず、時々、シフトの中に勝手に有給がつけられていることがあります。

休み希望は比較的希望が通りやすいとの評判です。

 

 

国立成育医療研究センターの勤務時間の評判

国立成育医療研究センターでは、2交替か3交替かは部署によって違います。

月に1度は土日休みを貰えるなどのシフトの配慮はしてもらえることもありますが、3交替の部署では、日日日深準などの体に負担のかかるシフトになることもあるとの口コミがあります。

 

 

国立成育医療研究センターの教育制度の評判

リプロダクションリサイクルに応じた段階別研修・専門研修を受けることができます。

4月入職の場合、中途採用でも新卒看護師と同じ研修を受けることができ、小児看護未経験の看護師さんも安心です。

 

 

国立成育医療研究センターのキャリアアップの評判

国立成育医療研究センターでは、リソースナースの育成に力を入れています。

 

  • 認定看護師
  • 専門看護師
  • 移植コーディネートナース
  • 遺伝カウンセリングナース
  • 治験リサーチナース
  • 臨床教員

 

管理職のほかにも、これらのキャリアを築いていくことができます。

小児専門のリソースナースとして専門性の高い仕事をしたい看護師には、理想的な職場と言えるでしょう。

 

 

国立成育医療研究センターの福利厚生の評判

国家公務員に準じた福利厚生で、社会保険は国家公務員共済組合制度に加入できますが、それ以外に関しては、特筆すべき点はないという口コミが多いです。

寮はあるものの、新卒から3年間しか利用できないなどの制限がありますし、チケット割引がなくなったなど、福利厚生は年々悪くなっているとの評判です。

 

 

国立成育医療研究センターのママナースの働きやすさの評判

託児所(2歳まで)が併設されていますし、育児休暇は最長3年間取得することができます。

 

しかし、国立成育医療研究センターは、独身でバリバリ働くタイプの看護師が多いです。

また、残業が多く、時短勤務を選択していても、自分1人だけ仕事を残して帰れる雰囲気ではないため、ママナースも残業を2~3時間しなければいけないこともあります。

 

病棟勤務の場合、回数は少なくても、夜勤をしなければいけないので、ママナースが国立成育医療研究センターで働き続けるためには、自分の頑張りだけではなく、家族の全面的なサポートが必要になります。

 

 

国立成育医療研究センターの施設や設備の評判

国立成育医療センターは、清掃が行き届いているので、清潔感があります。

また、小児病院ですので、子供が興味を持つようなディスプレイがあるなど、様々な工夫が病院内のいたるところで見られます。

コストに関しては、節約するように言われることはありますが、そこまでシビアに厳しく言われるわけではなく、必要な分は必要なだけきちんと使うことができます。

 

 

国立成育医療研究センターの職場の雰囲気の評判

職場の雰囲気や人間関係は、部署によって違います。

お局看護師はどこの部署にもいますが、看護に情熱を持ち、高い意識を持って仕事をしている人が多いため、変にネチネチせずに協力しながら仕事を進められることが多いです。

 

ただ、どこの部署でも中堅看護師は少なく、新人~若手看護師とベテラン看護師が多いという口コミがあります。

 

 

国立成育医療研究センターに転職したい!最新の看護師求人情報を入手しよう!

転職サイトでは、この病院の求人を非公開求人として扱っていたり、逆指名で問い合わせてくれることがあります。

さらに、好条件で転職できるように条件交渉してくれたり、面接対策のアドバイスをしてくれるというメリットもあります。

転職サイトは完全無料で使えますし、問い合わせをしたら応募しなければいけないというわけではありませんので、安心してくださいね。

東京都の看護師 求人に強い転職サイト

看護師転職サイトを使うと?

  • 人気ランキングの病院に逆指名で問い合わせをし、アドバイスをしてくれる
  • 公開求人以外のレアな非公開の求人情報を持っているため、なかなかでない好条件の求人を紹介してくれる
  • ランキング以外にも、働きやすい病院をたくさん紹介してくれる

参考コラム<転職サイトを使うメリットと使わない時のデメリット

  • 看護roo!

    看護roo!

    東京都内の求人なら、看護roo!に探してもらうと良いでしょう。レア度の高い好条件の勤務先が見つかるかもしれません!まずはあなたのご希望をざっくりと伝えてみてください。的確な案内をしてもらえますよ!

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    都市部の求人に強いのが、マイナビ看護師。東京都内の求人にも、もちろん強いです。看護roo!だけでは拾えない情報が貰える可能性もありますので、併用にオススメです!

このページのトップへ戻る