東京都の看護師求人に強い転職サイトは、どこ? ちょっと待って!病院に電話する前に転職サイトに確認を!

日本大学病院の転職看護師の年収と評判は?

「日本大学病院に転職した看護師の年収はどのくらいだろう?働きやすさの評判はどうなの?気になる!」

 

日本大学病院は有名な大学病院です。

だからと言って、年収が高いとは限りません。

働きやすいとも限らないのです。

 

転職後に後悔しないために、日本大学病院への転職を考えているなら、転職後のの年収と働きやすさの評判をチェックしておく必要があるのです。

 

 

日本大学病院に転職した看護師の年収と評判のまとめ

日本大学病院に転職した看護師の年収例

日本大学病院に転職した看護師の年収例は20代前半で年収450~500万円、20代後半で年収500~600万円、30代前半で年収550~670万円です。

 

 

日本大学病院に転職する看護師のメリット

  • 年収が高く、ボーナスがたっぷりある
  • 年間休日数が多い

 

 

日本大学病院に転職する看護師のデメリット

  • 有給は最低限しか消化できない
  • 残業は多め

 

 

日本大学病院はこんな看護師におすすめ

  • 年収が高ければ、残業が多くても我慢できる人
  • 年間休日数が多ければ、有給は消化できなくても仕方がないと思える人

 

 

日本大学病院に転職した看護師の年収は?

日本大学病院に転職した看護師の年収を年代別に徹底的に調査しました。

日本大学病院の看護師の年収と東京都の看護師の平均年収も比べています。

 

 

日本大学病院に看護師が転職した時の年収

日本大学病院に看護師が転職した時の年代別の年収例はこちらです。

 

  • 20代前半:年収450~500万円
  • 20代後半:年収500~600万円
  • 30代前半:年収550~670万円

 

こちらは、日本大学病院で実際に働いている看護師の年収ですので、転職した時の年収の目安になります。

年収に幅があるのは、夜勤回数や残業手当の差、さらに役職についているかどうかなどが関係しています。

 

では、東京都の看護師の平均年収と比べてみましょう。

厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査によると、東京都の看護師の平均年収は509万8400円(37.2歳)です。

 

これと比べてみると、日本大学病院の看護師の年収は、東京都の看護師の平均年収よりもかなり高いことがわかります。

 

 

日本大学病院の看護師のボーナス

日本大学病院の看護師のボーナスは、令和元年度実績で6.55ヶ月分となっています。

 

3年課程卒の新卒看護師の基本給で計算すると、

  • 216,100円×6.55ヶ月分=141万5500円

となります。

 

転職1年目は満額支給されませんが、2年目以降はボーナスだけで140万円以上を貰えることになります。

東京都の看護師の平均ボーナス額は794,000円ですので、日本大学病院の看護師のボーナスは、平均の2倍程度、基本給によってはそれ以上になるということです。

 

ちなみに、令和元年度だけが特別に支給実績が良かったわけではなく、毎年このくらいのボーナスが支給されています。

 

 

日本大学病院の新卒看護師の年収

日本大学病院の新卒看護師の年収をチェックしていきましょう。

 

  • 3年課程卒:484万6900円
  • 4大卒:487万3700万円

 

こちらは、住宅手当や夜勤手当が含まれていますが、残業手当ては含まれていません。

また、新卒看護師はボーナスは満額支給されませんが、比較しやすいように、6.55ヶ月分が満額支給されたと仮定しての年収になります。

 

経験が浅い看護師やブランクがある看護師が転職する時には、こちらの年収が参考になると思います。

 

 

日本大学病院は昇給額が高い

日本大学病院では、昇給額が高いという特徴があります。

具体的な昇給額は公開されていませんが、日本大学病院で働いている看護師の口コミによると、毎年1万円弱程度は昇給していくとのことです。

 

毎年2,000~3,000円程度しか昇給しない病院も多い中、この昇給額はすごいですね。

30代後半になると、日本大学病院では下記の年収を稼ぐことができます。

 

  • 30代後半:年収600~700万円

 

1万円弱の昇給があれば、30代後半で年収600~700万円を稼げるのも納得です。

 

 

日本大学病院に転職した看護師の評判もチェックしておこう

日本大学病院に転職するなら、働きやすさの評判もチェックしておきましょう。

いくら年収が高くても、いくらボーナスが多くても、ブラックな病院だったら嫌ですよね。

だから、日本大学病院は看護師にとって働きやすいかどうかを確認しておく必要があるのです。

 

 

日本大学病院の基本情報

所在地 東京都千代田区神田駿河台1-6
病床数 320床
看護師数 約360名(嘱託含む)
看護体制 7:1看護体制
勤務体制 2交代制
診療科 循環器内科・心臓血管外科・消化器内科・消化器外科・眼科・整形外科・総合内科・糖尿病・呼吸器腫瘍・内分泌・神経内科・ワクチン外来・小児科・精神科・皮膚科・乳腺・内分泌外科・脳神経外科・泌尿器科・婦人科・耳鼻咽喉科・放射線科・麻酔科・ペインクリニック・救急科・臨床検査科・リハビリテーション科・病理診断科
開設 大正15年11月
連絡先 03-3293-1711(代表)

 

 

日本大学病院の業務内容の評判

日本大学病院は大学病院特有の忙しさがありますが、その分、幅広い重症症例を経験することができます。

 

日本大学病院では、看護師は「専門職」という位置づけの意識が非常に強く、資格がなくてもできることは事務職がカバーするようにしていますので、看護業務に専念でき、看護師としての専門性を発揮しながら働くことができます。

 

 

日本大学病院の年間休日数や夏休みの評判

日本大学病院では、令和元年は年間休日が135日と非常に多くなりました。

以前は4週6休と少なかったのですが、働き方改革の関係で、年間休日が増えました。

 

夏休みは最大10日間の連休を取ることができ、リフレッシュしながら働くことができます。

 

 

日本大学病院の残業の評判

日本大学病院では、残業時間は部署によって異なります。

ただ、少ない部署でも毎日30分~1時間は残業しなければいけないとのことですから、残業は多いと考えておいた方が良いです。

 

しかし、近年は看護師たちが少しでも早く帰れるようにと協力し合って残業時間を減らそうとする動きが病院全体に広がっていて、残業時間は少しずつ減ってきています。

 

 

日本大学病院の有給休暇や休み希望の評判

2019年度から始まった5日間の有給消化義務がありますので、師長の方から、「有給はいつ使う?」と聞いてくれるという口コミがあります。

 

でも、消化できるのは5日間だけで、他の有給もどんどん消化できるというわけではないようです。

2019年度の看護師の有給消化日数は3.5日と少ないです。

有給の消化は最低限ということですね。

ただ、年間休日数が135日(令和元年実績)と多いですから、有給休暇を5日間消化できれば、実質の年間休日は140日とたっぷりあることは間違いないでしょう。

 

休み希望は1ヶ月2~3日は出せて、希望が通る部署が多いです。

 

 

日本大学病院の勤務時間の評判

日本大学病院では、2交替制です。

  • 日勤:8時00分~16時30分
  • 夜勤:16時00分~9時00分

以前よりも、日勤・夜勤共に30分~1時間ほど勤務時間が長くなりました。

これは、看護師の年間休日数を増やすための処置とのことで、「休みが多くなるなら歓迎」と考えている看護師が多いです。

 

 

日本大学病院の教育制度の評判

大学病院ですから、教育体制はしっかりと整っています

院内研修は多く、さらに部署ごとの勉強会も頻回に開かれていますので、看護師としてしっかりと成長していくことができるでしょう。

 

勤務時間内に行われるものもありますが、勤務終了後に行われるものもあります。

ただ、勤務終了後の研修に参加しても、残業手当は支給されません。

 

 

日本大学病院のキャリアアップの評判

日本大学病院では次の3つのコースが設けられています。

 

  • ジェネラルプログラム
  • スペシャリティープログラム
  • 看護管理者育成プログラム

 

それぞれ希望するコースで、キャリアを築いていけるように、支援してくれます。

現在の日本大学病院の看護部長は認定看護師・専門看護師の資格を持ち、特定行為研修を修了し、さらに博士課程も修了している人ですから、スペシャリスト・ジェネラリストを目指しながら、管理職を同時に目指すことも可能かもしれませんね。

 

 

日本大学病院の福利厚生の評判

私学共済の福利厚生が利用できますので、一般的な病院よりも福利厚生は整っています。

ただ、あまりにもたくさんあるので、福利厚生を全部は把握しきれずに、あまり利用していないという看護師さんも少なくありません。

 

寮は綾瀬駅徒歩1分の場所と御茶ノ水駅徒歩10分の場所にあり、希望する看護師は入寮することができます。

格安で便利な場所に住むことができるので、看護師には好評です。

 

 

日本大学病院のママナースの働きやすさの評判

日本大学病院では時短勤務制度を利用することはできますが、必ず定時で上がれるわけではなく、残業しなければいけないことはあります。

ただ、周囲の看護師がフォローしてくれるなど配慮はあるとの評判です。

 

ママナースは夜勤を免除された場合、土日は出勤しなければいけないこともあり、配慮はあるものの、家族の協力がないと、仕事を続けていくのは難しいのが現実です。

 

 

日本大学病院の施設や設備の評判

日本大学病院は平成26年に新築移転したばかりなので、院内はとてもキレイで明るい印象です。

ただ、デザイン重視で現場で働く看護師の声が取り入れられておらず、働きにくいと感じる部分もあるとの評判です。

医療設備や備品等は定期的に新しいものに入れ替わりますし、コストについてはそこまでうるさく言われることはありません。

 

 

日本大学病院の職場の雰囲気の評判

人間関係や職場の雰囲気は、部署によって違います

どこの部署にもお局看護師やクセのある人はいますが、みんなで協力し合いながら働いている部署もあれば、ピリピリとした雰囲気を隠し切れない部署もあります。

 

附属の看護学校出身の看護師が多く、外部から来た看護師はやや肩身が狭い思いをすることがあります。

 

 

日本大学病院に転職したい!最新の看護師求人情報を入手しよう!

転職サイトでは、この病院の求人を非公開求人として扱っていたり、逆指名で問い合わせてくれることがあります。

さらに、好条件で転職できるように条件交渉してくれたり、面接対策のアドバイスをしてくれるというメリットもあります。

転職サイトは完全無料で使えますし、問い合わせをしたら応募しなければいけないというわけではありませんので、安心してくださいね。

東京都の看護師 求人に強い転職サイト

看護師転職サイトを使うと?

  • 人気ランキングの病院に逆指名で問い合わせをし、アドバイスをしてくれる
  • 公開求人以外のレアな非公開の求人情報を持っているため、なかなかでない好条件の求人を紹介してくれる
  • ランキング以外にも、働きやすい病院をたくさん紹介してくれる

参考コラム<転職サイトを使うメリットと使わない時のデメリット

  • 看護roo!

    看護roo!

    東京都内の求人なら、看護roo!に探してもらうと良いでしょう。レア度の高い好条件の勤務先が見つかるかもしれません!まずはあなたのご希望をざっくりと伝えてみてください。的確な案内をしてもらえますよ!

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    都市部の求人に強いのが、マイナビ看護師。東京都内の求人にも、もちろん強いです。看護roo!だけでは拾えない情報が貰える可能性もありますので、併用にオススメです!

このページのトップへ戻る