東京都の看護師求人に強い転職サイトは、どこ? ちょっと待って!病院に電話する前に転職サイトに確認を!

国立精神・神経医療研究センターの転職看護師の給料・年収と口コミ・評判は?

国立精神・神経医療研究センター

「国立精神・神経医療研究センターは小平市の看護師に人気病院だよね。それなら、転職しようかな」

あなたは人気病院かどうかで、転職する病院を決めるのですか?

それは危険です!

なぜなら、人気病院でもあなたの転職希望条件に合わない可能性があるからです。

だから、まずは国立精神・神経医療研究センターがあなたの希望に合う病院かどうかを確かめましょう。

国立精神・神経医療センターに転職した看護師の給料・年収と働きやすさの口コミ・評判を調べましたので、参考にして下さい。

 

 

国立精神・神経医療研究センターに転職した看護師の給料・年収と口コミ・評判のまとめ

国立精神・神経医療研究センターに転職した看護師の給料・年収例

国立精神・神経医療研究センターに転職した看護師の給料・年収例は20代前半で400~470万円、20代後半で450~540万円、30代前半で550万円です。

 

国立精神・神経医療研究センターの給料と待遇のバランス

国立精神・神経医療研究センターの給料は平均よりも高いです。

公務員待遇で残業もそれほど多くないことなどを考えると、給料も待遇も平均以上のレベルで「この待遇でこの給料なら十分に満足」と思えるでしょう。

 

国立精神・神経医療研究センターに転職する看護師のメリット

  • 給料・年収は平均よりも高い
  • 年間休日数が多く、長期連休も取得可能
  • 福利厚生は充実している
  • 病院がきれい

 

国立精神・神経医療研究センターに転職する看護師のデメリット

  • サービス残業があるケースもある

 

国立精神・神経センターはこんな看護師におすすめ

  • 精神看護・神経内科の看護に興味があり、公務員待遇で働きたい
  • 給料も待遇も妥協市内で転職したい

 

 

国立精神・神経医療研究センターに転職した看護師の給料・年収・ボーナスは?

国立精神・神経医療研究センターに転職した看護師の給料・年収を年代別に調べました。

東京都の病院看護師の給料・年収・ボーナスとの比較もしています。

 

国立精神・神経医療研究センターに看護師が転職した時の年収・給料と平均との比較

国立精神・神経医療研究センターに転職した看護師の年代別の年収例はこちらです。

  • 20代前半:400~470万円
  • 20代後半:450~540万円
  • 30代前半:550万円

国立精神・神経医療研究センターに転職した看護師の年収例は、あくまでも目安です。

実際の給料・年収は夜勤回数や残業時間、住宅手当など各種手当の支給要件に当てはあるかどうかによって変わります。

次に、国立精神・神経医療研究センターの看護師の給料・年収を東京都の病院看護師の平均給料・年収を比べてみましょう。

東京都の病院看護師の平均給料・年収は看護協会と厚生労働省のデータから算出しました。

<30代前半看護師の年収例>

  • 国立精神・神経医療研究センター:550万円
  • 東京都の病院看護師の平均:503万1872円(給料:349,331円)

国立精神・神経医療研究センターの看護師の年収は、東京都の病院看護師の平均よりも高いです。

国立精神・神経医療研究センターは、独立行政法人化されたものの、国家公務員に準じた給与体系になります。

実際に働く看護師からは「給料はまあまあ良いと思う」、「昇給もしっかりある」などポジティブな口コミが多かったという口コミがありました。

看護師の給料満足度は高いと言えるでしょう。

 

国立精神・神経医療研究センターの看護師のボーナスと平均との比較

国立精神・神経医療研究センターの看護師のボーナスは、4.2ヶ月分が年に2回支給されます。

<ボーナスの支給実績>

  • 国立精神・神経医療研究センター:4.2ヶ月分
  • 東京都の看護師の平均:3.3ヶ月分

国立精神・神経医療研究センターのボーナスは、東京都の看護師平均よりもやや高めです。

看護師からは「元国立なので、ボーナスは安定している」という口コミがあります。

毎年、4ヶ月分前後のボーナスが支給されるようです。

 

 

国立精神・神経医療研究センターに転職した看護師の口コミ・評判もチェックしておこう!

国立精神・神経医療研究センターの看護師の給料は平均よりも高めです。

次は、働きやすさを見ていきましょう。

「国立」という名前だから、働きやすいイメージを持つ人も多いと思いますが、それは本当でしょうか?

国立精神・神経医療研究センターの働きやすさや待遇を、看護師の口コミ・評判をもとにチェックしていきましょう。

 

国立精神・神経医療研究センターの基本情報

国立精神・神経医療研究センター
所在地 東京都小平市小川東町4-1-1
病床数 474床
看護師数 450名
看護体制 7:1看護体制
勤務体制 2交代制
診療科 精神科・神経内科・小児科・脳神経外科・内科・消化器科・心療内科・循環器科・外科・整形外科・麻酔科・放射線科・リハ科・耳鼻咽喉科・歯科
開設 平成22年4月
連絡先 042-341-2711(代表)

 

国立精神・神経医療研究センターの業務内容の口コミ・評判

国立精神・神経医療研究センターは神経内科と精神科が主な診療科になります。

診療科によって業務内容は異なりますが、神経内科は業務中は忙しく、バタバタしています。

また、「+αの業務はせずに楽に仕事をする」タイプの看護師が多く、やりがいを感じない人もいます。

また、精神科希望の看護師は多いですが、神経内科から精神科に異動希望を出しても、ほとんど希望は通らないという口コミが複数ありました。

 

国立精神・神経医療研究センターの残業や勤務時間の口コミ・評判

国立精神・神経医療研究センターでは、残業時間はそこまで多くありません

以前は、1日2~3時間あるのが当たり前でしたが、数年前に業務改善が行われて、「残業はかなり減った」との口コミがありました。

また、残業はほぼきっちり支払われるようです。

しかし、委員会や研究など残業ではない時間外業務が多く、それらについては、サービス残業になります。

 

国立精神・神経医療研究センターの年間休日数や夏休みの口コミ・評判

国立精神・神経医療研究センターの年間休日数は、120日以上になります。

4週8休+祝日+年末年始休暇+夏季休暇が休みになります。

夏休み(リフレッシュ休暇)は連続で9日~10日の連休を取ることができ、「しっかりリフレッシュできるし、ゆっくり海外旅行にも行ける」という口コミがありました。

 

国立精神・神経医療研究センターの有給休暇や休み希望の口コミ・評判

国立精神・神経医療研究センターでは有給消化率は低いです。

「有給は希望した日に使えない」、「有給は毎年捨てることが多い」という口コミがありました。

ただ、少しずつ改善は見られていて、「以前よりは希望した日に有給を消化できるようになった」という口コミもあります。

休み希望は月3日まで取ることができ、休み希望が多い時期でなければ、ほぼ確実に希望は通るようです。

 

国立精神・神経医療研究センターの教育制度の口コミ・評判

国立精神・神経医療研究センターは元国立病院ですから、教育制度は一通り整っています

また、クリニカルラダーの院内研修は勤務時間内に行われますので、それほど負担にもなりません。

ただ「勉強意欲がない人が多い」という口コミや「研修内容や教育制度が古い」などの口コミがあり、精神看護などについて思ったようにスキルアップできないこともあるようです。

 

国立精神・神経医療研究センターのキャリアアップの口コミ・評判

国立精神・神経医療研究センターは認定看護師、認定看護管理者、専門看護師などへのキャリアアップ支援制度(研究休職制度・自己啓発休職制度)などあります。

さらに、資格取得後にはさらなるスキルアップや資格更新の支援もあります。

 

国立精神・神経医療研究センターの福利厚生の口コミ・評判

国立精神・神経医療センターは「福利厚生が充実している」という口コミが複数ありました。

元国立の病院のため、福利厚生はしっかりしているようです。

また、寮や保育所などもあります。

看護師からは、住宅手当が最高27,000円と高いことが好評です。

 

国立精神・神経医療研究センターのママナースの働きやすさの口コミ・評判

国立精神・神経医療センターの子育て支援制度は手厚いです。

時短制度は使えますし、子どもが3歳になるまで育児休暇を使うこともできます。

ただ、時短勤務を使っていても、当たり前のように残業をしなければいけない病棟もあり、「ママナースは働きやすい病院」とは言えない部分もあるのが現実です。

 

国立精神・神経医療研究センターの施設や設備の口コミ・評判

国立精神・神経医療研究センターは2010年に新しい建物になりましたので、とてもきれいいで、「ホテルみたい」という口コミがあります。

ただ、物品についてはかなり節約をしなければならず、「コストについては、いつも厳しく言われる」という口コミがありました。

 

国立精神・神経医療研究センターの職場の雰囲気の口コミ・評判

国立精神・神経医療センターでは、優しい人が多く職場の雰囲気は悪くありません。

もちろん、少し変わった看護師もいますが、基本的に看護師はみんなで協力し合いながら働く風土がありますので、人間関係に悩むことなく働けるようです。

 

国立精神・神経医療研究センターに転職したい!最新の看護師求人情報を入手しよう

転職サイトでは、この病院の求人を非公開求人として扱っていたり、逆指名で問い合わせてくれることがあります。

さらに、好条件で転職できるように条件交渉してくれたり、面接対策のアドバイスをしてくれるというメリットもあります。

転職サイトは完全無料で使えますし、問い合わせをしたら応募しなければいけないというわけではありませんので、安心してくださいね。

東京都の看護師 求人に強い転職サイト

看護師転職サイトを使うと?

  • 人気ランキングの病院に逆指名で問い合わせをし、アドバイスをしてくれる
  • 公開求人以外のレアな非公開の求人情報を持っているため、なかなかでない好条件の求人を紹介してくれる
  • ランキング以外にも、働きやすい病院をたくさん紹介してくれる

参考コラム<転職サイトを使うメリットと使わない時のデメリット

  • 看護roo!

    看護roo!

    東京都内の求人なら、看護roo!に探してもらうと良いでしょう。レア度の高い好条件の勤務先が見つかるかもしれません!まずはあなたのご希望をざっくりと伝えてみてください。的確な案内をしてもらえますよ!

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    都市部の求人に強いのが、マイナビ看護師。東京都内の求人にも、もちろん強いです。看護roo!だけでは拾えない情報が貰える可能性もありますので、併用にオススメです!

このページのトップへ戻る